町田の 精神科・心療内科・うつ病・パニック障害・カウンセリングは つるまるクリニック

精神科と心療内科の違いとは?

精神科と心療内科の違いが分からない方は多いのではないでしょうか?精神科と心療内科の違いを知っておくことで、自分の症状に合わせてスムーズに受診することができます。受診の際に悩まないようにするためにも、それぞれの特徴についておさえておきましょう。

精神科と心療内科って何が違うの?

精神科と心療内科って何が違うの?

精神科

精神科は「こころの病」を治療するところです。こころの病とは、文字通り心が病気にかかりその働き(精神現象)に異常が起こった状態で、幻覚や妄想、不安など種々の精神症状が現れます。

また不眠や疲労感、頭痛などの身体症状を伴うこともあります。このように病気にかかった精神機能を治療するところが精神科です。治療に関しては薬物療法およびカウンセリングや認知行動療法などの心理療法があります。

心療内科

心療内科は、内科の一分野で、こころの状態が症状の発現に深く関係している身体疾患を対象としています。心療内科での治療は身体的治療に並行して心理面の治療が行われます。体に不調が現れるため、内科を受診する患者様もいますが、検査などをしても異常がないと言われた場合は、ストレスなどが原因となっている可能性があります。体調を崩す前に大きなストレスを感じていたという場合は、一度心療内科の受診をおすすめします。

こんな症状でお悩みの方へ

  • 気分が下がったり、上がったりして気持ちのコントロールができない
  • イライラすることが多い
  • 不安な気持ちが大きくパニックになる
  • よく眠れなくなることがある
  • 食欲がわかない
  • 体が疲れやすい、疲れがとれない
  • 気分が落ちたままになり、やる気がおきない

悩みを解決したいなら当診療所へ!

悩みを解決したいなら当診療所へ!

精神科で診る主な症状には、強い不安・イライラ・不眠・幻覚・幻聴・妄想などがあります。心療内科で診る主な症状には、強い動悸・血圧の上昇・下痢・腹痛などがあります。

こころの病は、1人で抱え込んでいても解決できません。ストレスの多い社会の中では、会社や学校、家庭でのストレスなどで苦しむ人が多くなっています。人によって症状も様々ですので、1人で悩みを抱え込んでいる方はお気軽に当診療所へご相談ください。

自分の症状に合わせて精神科・心療内科を受診することで「こころの病」が解決へ導かれます。町田市でうつ病パニック障害などの症状にお悩みの方は、精神科・心療内科の当診療所へお越しください。当診療所は、会社帰りや買い物帰りでも気楽に立ち寄ることのできる診療所を目指しております。誰にも相談できずに1人でお悩みの方は、ぜひ一度当診療所へお越しください。

ストレスによって心が疲れた方々と悩みや問題点を話し合い、医師および臨床心理士がその専門性を生かし、
お互いに協力して治療にあたっています。

メールフォームはこちらから